村上ポンタ&服部龍生 6弦ベースとドラムの春を呼ぶ東海ツアー

  • 2017.03.12 Sunday
  • 14:21
スタッフからのご報告です。
おかげさまで、村上"PONTA"秀一と服部龍生の、6弦ベースとドラムの春を呼ぶ東海ツアー、無事終了いたしました。





4日の名古屋Lampでのソロライブでは、オーナーのガンタロウさんがお若い学生さんたちを集めてくださり、おなじみの常連の皆さまも勢ぞろいで、じっくりと聴いていただきました。
途中、以前から服部龍生のソロを客席で聴いてみたいとおっしゃっていた村上ポンタ氏が、まったくのお忍びで来場されました。
これからのデュオ演奏の参考になさるそうです。



5日の豊田ジョアンジョアンからは、村上ポンタ秀一氏とのデュオライブでした。
こちらは、センチメンタルシティロマンスのマネージャーの竹内さんに呼んでいただきました。
さすが老舗割烹如庵の女将さんが新しく始められたライブスペースらしい、和風の素敵な空間と素晴らしい音環境の中、名古屋からかけつけてくださったご常連さまたちも加わってくださって、熱い豊田のファンの方々の前で演奏いたしました。
こちらの客席の盛り上がりは最高で、演奏の間も大きな声援をいただいて、とても気分良く演奏できたようです。









6日の豊橋AVANTIは初めてでしたが、こちらの伊藤べんさんはドラマーさんで、地元のドラマーの方々にもお声かけくださいました。
また懐かしい方々もたくさんいらしてくださり、ポンタさんも大喜びでした。
大きなライブハウスでしたので、音も大迫力で楽しんでいただけました。
演奏前からお酒で盛り上がっていらしたお客さまが、演奏が始まったとたんに息を飲まれて真剣に聴いてくださっていました。
それぞれのお店、それぞれのお客さまなりの楽しみ方でライブを堪能してくださっているようでした。







7日の沼津ねこと白鳥は、とてもおしゃれなお店でした。
とても広い空間でしたが、こちらのオーナーの池田さんがポンタさんと昔からのお知り合いで、多くのお客さまにお声かけくださり、初めての方ばかりでしたが、後ろの席までいっぱいでした。
また、沼津バルというこちらのジャズフェスの実行委員会の方々もみなさんでご来場くださり、お話させていただいて有意義でした。
こちらも自前の機材だけでしたが、実にいい音環境で、お客さまからお褒めの言葉をいただきました。
以前に名古屋で服部龍生のソロを聴いてくださっていた方もいらしてくださってうれしかったです。






実りある4日間のツアーでしたが、回を重ねるごとにお客さまの反応は上々で、今回もたくさんの方から「感動した」とのご感想をいただきました。

会場のオーナーやスタッフの方々にもよくしていただき、また次につながる活動ができたと思います。
遠くからかけつけてくださいましたお客さま、お世話になりましたお店の関係者の方々、ほんとうにありがとうございました。

次はポンタさんとの桜満開デュオライブツアーです。
3月31日(金)京都からスタートいたします。

3月31日 (金) 京都 きんせ旅館
4月1日 (土) 浜大津 スカイプラザ
4月2日(日)大阪 帝塚山RUG TIME
4月4日(火)岡山 蔭涼寺
4月5日(水)福山 grand soul cafe Guns'
4月6日(木)広島 CLUB QUATTRO
4月8日(土)神戸 神戸酒心館ホール

お申し込みはメッセージやコメント、会場、
またはBlue Scale Net Shop

http://bluescale.shop-pro.jp/
でも承ります。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック